伝統の竹垣と庭(U邸 木田郡) 

新築のご自宅の庭園工事。
御簾垣と、一部コンクリート塀です 

※御簾垣(みすがき:細い竹を組子として
横に積み上げた垣。形が「すだれ」ににていることからこの名前がついています)

石垣擁壁の上に目かくしとして作られています。
南庭。
マキやクロガネモチの樹木や流れるような配置の自然石、
そして織部灯ろうなどの背景には竹垣。
通りからの人目を気にすることなく
縁側でのんびりと過ごせます。
日光が差し込む安らぎの中庭。
中心にはシマトネリコ、
その周りをサツキとタマリュウ、
長方形と円形の板石を配置しています。